ステッカー
Jチキンは全国のスーパー・小売店ででお求め頂ける、安全・安心な国産鶏肉です。
全国のうずら飼養農場等に対する立入検査の中間とりまとめ結果について
[プレスリリース]
平成21年3月18日
農林水産省
全国のうずら飼養農場等に対する立入検査の中間とりまとめ結果について

愛知県における高病原性鳥インフルエンザ(弱毒タイプ)の発生を踏まえ、愛知県以外の全国のうずら飼養農場等に対する立入検査を実施したところ、すべて異常がないことを確認しました。
また、農林水産省としては、愛知県のうずらの再生産が円滑に進むよう、陰性が確認された農場からのヒナの導入等を支援していくこととしています。



1.愛知県のうずら飼養農場における高病原性鳥インフルエンザの発生を踏まえ、農林水産省高病原性鳥インフルエンザ対策本部において、うずらの全国的な調査を実施し、その結果を早期に把握することとされたところです。

2.愛知県以外の、うずら飼養農場や愛玩用、研究用のうずら飼養のある道府県(37道府県)がすべてのうずら飼養農場等(154戸、197万羽)に立ち入り、抗体検査やウイルス分離検査等を実施したところ、すべて異常はみられませんでした。
(別紙:【うずらの全国検査結果】参照)
なお、静岡県の一農場では抗体検査で陽性となりましたが、(独)農研機構動物衛生研究所においてH5、H7亜型抗体の確認検査を行ったところ、H5、H7亜型抗体は確認されませんでした。

3.また、今後、農林水産省としては、愛知県のうずらの再生産が円滑に進むよう、陰性が確認された農場からのヒナの導入等を支援していくこととしています。


<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)  


 
【お問い合わせ先】
消費・安全局動物衛生課
(全国調査関係)
担当:山本、星野(内線4582)
    03-3502-8292
生産局畜産振興課
(ヒナの導入等支援)
担当:熊谷、和田(内線4910)
    03-3591-3656
back