国産チキンシンボルマーク

表示ガイドライン
1.「特別飼育鶏」の定義及び表示
 
 
1.いわゆる「無薬鶏」「無投薬鶏」についての現状

 本来、「無薬鶏」、「無投薬鶏」、「無投薬飼料飼育鶏」等「無投薬」の鶏とは、飼育全期間において鶏用のワクチン及び動物用医薬品、抗生物質・抗菌製剤等「医薬品」を一切投与しないで飼育された鶏でなければならない。
 
(1)しかし、現状においては、ワクチンの投与は行うが、飼育期間に抗生物質・抗菌製剤を投与しないで育てた鶏や、飼料に抗生物質・抗菌製剤を添加しないで飼育した鶏を「無薬鶏」、「無投薬鶏」、「無投薬飼料飼育鶏」と表示して販売されている。
(2)鶏を飼育するには感染病の予防のために、鶏用のワクチンが広く投与されている。ワクチンは、「動物用医薬等取締規則」の定義において「生物学的製剤」の「医薬品」と定められており、ワクチンを投与して抗生物質・抗菌品製剤を投与しないものを「無薬」という「無」を冠した表示は消費者に誤認を与える恐れがある。そのため、(社)日本食鳥協会では次のようなガイドラインを設定する。


2.特別飼育鶏
(1)定 義
 特別飼育鶏とは、鶏の生産において、鶏の感染病予防ワクチンを投与したもので、全飼育期間にわたり抗生物質・抗菌製剤を投与しないで飼育したものをいう。
(2)説 明
@一般に鶏の生産は、多数羽飼育で群単位で飼育するため、各種の細菌、ウイルス、各種の寄生虫の感染から守るために、法で定められた安全な方法により、抗生物質・抗菌製剤を飼料添加物として投与して飼育している。
Aしかし、消費市場の一部では"安心・安全・健康"志向から、抗生物質・抗菌製剤を無投与で飼育した鶏肉を求めるようになり、飼育現場においてこれに応えるため、全飼育期間を衛生管理の徹底により、抗生物質・抗菌製剤を投与しないで飼育する試みが行われている。
(3)表 示
 ネーミングについては、「特別飼育鶏」の他、誤認の疑いをもたれぬ名称を付するよう留意するとともに、必ず特別飼育の内容を付記すること。
例 :「抗生物質無投与鶏肉」      
この鶏肉(チキン)は、ワクチンは投与しておりますが、全飼育期間において、抗生物質・抗菌製剤を全く与えないで飼育したものです。

back