国産チキンシンボルマーク

チキンの上手な保存法
保存するのは、ひと手間加えてから。
 チキンを買って帰ったら、そのまま冷蔵庫へ入れてしまっていませんか?  肉を良い状態に保つには、一度包装を開け、薄く平らにのばしてラップで包んであげましょう。特に夏場は、包装の中が相当に熱くなっているため、必ず包み直すことをおすすめします。
 さらに、包装を開けたついでに塩で下味をつけるとよいでしょう。下味をつけた後は、料理するまで最低15分間、できれば2〜3時間おいておきます。塩の他にも、しょうゆと酒、ワインとレモン、オリーブオイルなどに一晩つけこんでも、見違えるほど風味がよくなります。

長めに保存する場合は、素早く冷凍。
 チキンは、買ったその日に食べるのが一番です。でもそれが出来ない場合は、下ごしらえの後、速やかに冷凍庫へ。早く凍らせることができるかどうかが、肉の風味に影響します。
 冷凍の基本は、まず買うときに最も新鮮なチキンを選ぶこと。鮮度が悪いと冷凍後に解凍したとき、著しく味が落ちます。次に、一回に使う量を考え、その分量ごとに切り分けて冷凍すること。解凍後すぐに加熱調理できる状態にしておけば、肉の品質保持に良いだけでなく、料理も効率的にできるわけです。

解凍には、いくつかの方法があります。
 解凍の方法を4つほどご紹介します。この中でも「冷蔵庫へ移す」か「水につける」方法が、失敗の心配が少ないでしょう。   
       
1.冷蔵庫へ移す
1.冷蔵庫へ移す 冷凍庫から冷蔵庫に移して、自然解凍。朝のうちに冷蔵庫へ入れておけば、夕飯の支度に間に合います。
2.水につける
2.水につける ビニール袋に入れて密封し、袋ごと水へつけると、2〜3時間で解けてきます。急ぐ場合は、流水にさらすと10〜15分ほどで解凍できます。
3.常温におく
3.常温におく 冷凍庫の外に放置し、自然に解凍するのを待ちます。気温によって解凍時間が異なります。
4.レンジにかける
4.レンジにかける 急ぐ場合は、電子レンジの解凍モードで。ただし、加熱のしすぎに注意しましょう。肉の中まで熱が通ってしまうと、味がつかなくなります。

back