国産チキンシンボルマーク

ヘルシーなお話し
鶏肉には注目できる栄養素がいっぱい
消化吸収のよい上質なタンパク源
  鶏肉のタンパク質はアミノ酸バランスに優れ、消化吸収がよく、脂肪肝の予防に役立つメチオニンも含まれています。なかでもむね肉やささみはさらに高タンパク。お年寄りやお子様、生活習慣病の気になる方におすすめです。
さらに動脈硬化を防ぐリノール酸も
 とかく敬遠されがちな脂肪ですが、新鮮な鶏肉の脂肪には、動脈硬化を防ぐリノール酸などの多価不飽和脂肪酸が多いのが特徴です。メタボリック対策やダイエット用の食事にも適しています。
多彩で豊富なビタミン、ミネラル類
 鶏肉には、ビタミンA・B、ナイアシンなどが含まれ、特に粘膜を強くするビタミンA(レチノール)や、若さを保つビタミンEが豊富です。また、きもやすなぎもには、鉄分などが多く含まれています。
抗酸化作用のアンセリン、カルノシン
 体内で活性酸素の働きを弱め酸化を予防することが、注目されています。
 アンセリン、カルノシン両方を多く含む食品「むね肉」も注目です。
美容の味方、コラーゲンもたっぷり
 コラーゲンには、肌の潤いや弾力を保つ美肌効果があります。とくに鶏肉の手羽や骨つき肉などには、コラーゲンが多く含まれています。

むね肉やもも肉など部位ごとに栄養素の違いはあるの?
  鶏肉は、部位ごとに栄養素が異なっています。

むね肉
  ビタミンの中で、ナイアシンの量が多い。ナイアシンは、口内炎や神経性胃炎を予防する。
もも肉
  体調の維持に欠かせないビタミンB2が豊富です。ビタミンB群は新陳代謝を高め、皮膚や唇をうるおしてなめらかにする。
ささみ
 脂肪をほとんど含まず、たんぱく質が非常に多く、肉類の中でもトップの高たんぱく・低脂肪である。
手羽先
 血管を丈夫にし、皮膚の潤いを保つコラーゲンやエラスチンなどの成分を豊富に含んでいる。ビタミンAも多く含まれる。ビタミンAには、粘膜を丈夫にして、病気の回復を助ける働きがある。
鶏レバー
 栄養の宝庫。鉄、銅などのミネラル、ビタミンA(うなぎの約4倍)、B2などを含む。なんといっても糖質が少なくカロリーの心配がない。

カロリーの気になる方にもオススメのたんぱく質
  カロリーが高いから、肉でタンパク質を摂らないという考え方は大きな間違いです。たんぱく質を摂っているかいないかで体温が変わってきます。特に冷え性の方などはきちんとたんぱく質を摂ることが必要です。また、年齢を重ねていくと体にダメージを受けた時、なかなか修復できないようになってきます。その修復に必要な絆創膏の役割をするのがたんぱく質です。
 鶏肉は肉の中に脂肪が入り込んでいないので、皮と肉の間にある脂を取り除くことが簡単にできます。脂肪を気にしないで摂れるたんぱく質としても、鶏肉はオススメです。

鶏肉とコラーゲン
  世界三大美女のひとり、中国の楊貴妃は、鶏の手羽先を煮込んだ特製料理を大変好んだといわれています。鶏肉は栄養価が高く、美肌を作るビタミンA(肌のツヤとハリを保つ)も含んでいます。
  コラーゲンは細胞と細胞を結びつけるとともに、建物に例えるならば骨組みの役割も行っています。だからみずみずしいお肌には不可欠。目の水晶体や角膜にもコラーゲンが多いので、白内障の予防、老眼予防にも結びつきます。関節部分にもコラーゲンが多く、積極的にコラーゲンを摂取すれば、関節痛の予防にも。とりわけ手羽先はビタミンAを含み、コラーゲンも多く含まれています。より多くコラーゲンを摂るためのオススメの調理方法は、スープ、煮物等です。煮こむことによってコラーゲンは水溶性のため、煮汁に溶け出しますので具を食べて、煮汁も飲むとよいでしょう。

参考:シンポジウム(平成9年度より平成13年度まで毎年度開催)のパネルディスカッションの内容等から抜粋しました。

back